2021年第39週9月26日~10月2日にネットで公開された仕事です。

先週書いた記事が公開されました。文春さんはホントは隔週でタイムリーにやりたいんですけど、月イチで深掘りして2分割という体裁になってます。

29日水曜日はJR東海さんのお招きで「S Work」車両の取材会。東京~三島間を往復してきました。専用に仕立てたN700Sでした。回送ならではの変則ダイヤ楽しい。カメラマン&ライターの村上ユータアニキも来てまして、彼がいると話もおもしろいし仕切ってくれるし、ホントにありがたい。そして東京~新横浜間の車窓も久しぶり。ふだんは新横浜から乗ってますから。取材列車が臨時なら、こちらもねとらぼに臨時掲載です。

JR北海道、2022年春にダイヤ見直し – 廃止方針の7駅が判明 – 鉄道ニュース週報(295) | マイナビニュース
毎週、各社のプレスリリースとニュース配信記事をチェックしています。今回は、プレスリリースには記載されていなかった情報が地元紙のニュースで配信されたので、それをさらに詳しく解説、という感じ。なんだか、削れるところは削り尽くした感があります。

駅の廃止は、駅周辺の人々には不便かもしれません。でも停車駅が減ると列車の主要時間は短くなるので、ローカル線ではマイカーやバスからの乗り換えを促せるかも。駅の廃止は路線の存続につながるかもです。(←長くなるのでカットしたw)

なぜボクらは2階建て列車が好きなのか E4系新幹線「Max」引退前に思うこと | 乗りものニュース
ほとんどの記事で眺望に触れていますけど、その根底には高度成長期、マイホームブームの「2階建て一軒家」への憧れがあるんじゃないかな、という独自視点を書いてみました。サザエさんの家は1940年代の典型で平屋、ドラえもんの野比家は1960年代の2階建てです。今回は読み物としておもしろく。
……ていうか、乗りものニュースさんって、私に「昭和オッサンの懐かしネタ」を求めている気がするぞ(笑)。よーし、これからもコレでいこう(笑)

まもなく環状運転100周年 山手線はなぜ新型車両を短期間で入れ替えるのか | 文春オンライン
進化が止まらない山手線。今回は歴史と車両の進化について。

まもなく渋谷駅で大工事&運休 山手線はどこまで進化するのか | 文春オンライン
進化が止まらない山手線。こちらは今後の工事と自動運転の未来について。

面白そうな場所ができていた 京阪電鉄「なにわ橋駅」のB1:杉山淳一の「週刊鉄道経済」(1/5 ページ) – ITmedia ビジネスオンライン
最初は、アートエリアB1のイベントについて、私の担当部分を採録しようと思ったんです。でも、中之島の成り立ちを調べたらおもしろくなっちゃって、中之島線と鉄道芸術祭の話にしました。鉄道芸術祭はもっとたくさんの人々に知ってもらいたいなあ。

いままで大阪のキタとミナミってピンと来なかったんです。由来を捉えると花街の俗称みたいな話が出てきて、それが大阪の人々の認識。でも、もともと中之島で淀屋が米市を開いて、ここが商売の中心だったんですね。ワタシのような余所者にとっては、中之島のキタ、中之島のミナミって捉えたほうがわかりやすいなと。

急展開! 東京メトロの「有楽町線延伸」 江東区の悲願ついに叶う?:月刊乗り鉄話題(2021年9月版) どうなる?東京の鉄道・地下鉄新路線(1)(1/3 ページ) – ねとらぼ
江東区の悲願、とうとう実現するかな?

「秋葉原~ビッグサイト直結」の地下鉄計画どうなる? いろいろ将来が楽しみ「羽田アクセス線・新空港線」計画:月刊乗り鉄話題(2021年9月版) どうなる?東京の地下鉄新路線(2)(1/3 ページ) – ねとらぼ
東京都が力を入れる新線計画

A列車で行こう9 Version5.0 コンプリートパックDX

パッケージ版が発売されました。
同梱のガイドブックを担当しました。完全版300ページ。すごい厚み!

2021年第38週9月19日~9月25日にネットで公開された仕事です。

公開された記事は1本ですけど、ほかに納めた原稿は文春オンライン、ねとらぼ、乗りものニュース。1日1本ペースですね。頑張ったオレ。全部、締切り遅れてますけどm(._.)m。

頑張ったといえば金曜日に胃カメラをごっくんしてきました。もうね、ウゲーウゲーって嘔吐きながら。慢性腸炎になってから、だいたい2年に1回くらいやってるんです。うげー。もう怖いとか嫌だとか言う気持ちはないの。うげー。どーせ苦しいんだし。うげー。10分くらい耐えればいいし。うげー。もう好きにしてくださいお医者様。うげー。

終わったら涙とヨダレで顔がグシャグシャです。そりゃあもう仕方ない。でも今回はあとから肩と背中が筋肉痛。身を任せてたつもりが、かなりチカラを入れてたみたい。

横浜市の新交通「上瀬谷ライン」成功の鍵は – 新市長は「再検討」 – 鉄道ニュース週報(294) | マイナビニュース
上瀬谷ラインは旧上瀬谷米軍施設の開発がしっかり決まらないと厳しいなあ。相鉄は撤退したそうだし、三菱地所にテーマパークのノウハウはなさそうだし。花博のあとどうするか。季候が良ければ瀬谷駅から歩けないこともない。沿道を楽しくすればいいかもね。

2021年第37週9月12日~9月18日にネットで公開された仕事です。

15日に大阪、なにわ橋で鉄道芸術祭のトークイベントに出演しました。もちろん往復はこだまのグリーン車です。スマートEXのこだまグリーン早特を使うと、のぞみ指定席より安いんだもの。移動時間を急いでのんびり。交通費も宿泊費も出していただけるとはいえ、節約したほうがいいじゃない? なんて言い訳して。

鉄道芸術祭は10年以上続くイベントです。ニュースチェックで存在は知ってたんですけど、意外と鉄分は少なめで行く機会がなかった。呼んで戴けてよかったです。リモート出演でもOKとは言われましたが、会ったほうがいいよねと。COVID-19のせいで打ち上げ飲み会ができなくて残念でした。その代わり事後ミーティングは楽しかったです。鉄道と経済をテーマに映画を作るそうで、これは見に行きたい。

阪急神戸線「武庫川新駅」具体化、橋りょう上に珍しいホーム出現!? – 鉄道ニュース週報(293) | マイナビニュース
川をまたぐ橋の駅、2つの町からアクセスできていいかもですね。水辺に映えるカッコいいデザインに期待します。

【特別企画】【ちょい組み】「ディーゼル機関車 DD51 貨物A更新機」 見慣れた機関車を組み立てたら発見の連続! 大好きな機関車と”対話”する楽しさ – HOBBY Watch
「ちょい飲み」ではなく「チョイ組み」。プラモデルやってみませんかと言われて、いいですねーって即答したけど、届いたキットは超大物……。現物を受け取ってから1か月、着手から完成まで20日もかかりました。楽しかった。でも他の仕事が遅れちゃった。仕上がりも雑だし、フラモデル好きな読者さんに怒られそう。許して。

写真はアレですけど、文章にはプラモづくりの楽しさをいっぱい盛り込みました。読めば作りたくなる。杉山よりも上手く作れるはず、と思って戴ければ幸いです。時間ができたら、個人的に好きな機関車で再挑戦したい。もちろん塗装もしてLEDも入れて。アオシマさん、このシリーズ継続してくださいね。やっぱり蒸気機関車を組みたいなあ。

2025年の大阪・関西万博で、鉄道の路線図はどうなるのか:杉山淳一の「週刊鉄道経済」(1/6 ページ) – ITmedia ビジネスオンライン
マイナビニュースでも扱った話題を詳しく。国の基本計画は万博後も見据えた交通体系を目ざしています。万博のアウトラインがしっかりできていて、楽しみになってきました。