2018年第2週(01/08-11)にネットで公開された仕事リストです

新年からスケジュールを立て直すのだ! と気合いを入れたんですけど、やっぱりグズグズ。「年明け締めで1本、それから連載で」というお話をいただいて、検討しますねー、なんて保留にして、「ごめんね。2月からにして」って返事をしたんだけど、9日に「1本どうなりましたか」って。えっ、それは連載とは違うの? えっ、新コーナー立ち上げ日に公開したい? うーーー……そうですか。というわけで急ぎで1本ぶっ込みました。

で、進行中の仕事がグダクダになり……。さらにA列車で行こうのマップはいつもの4倍くらいの作業量。見込みを誤りました。

救いは実家に戻ったこと。メシとか風呂とか洗濯とか、その辺はカーチャンがやってくれる。ひと段落したら接待しないとなあ。

■東洋経済オンライン

三江線廃止後の標的?「木次線」の生き残り策
ついに東洋経済デビュー。これで鉄道を扱う主要メディアはほぼ網羅したのではないかと! だいたい月イチベースの予定です。じつはITmediaで連載を始めるとき、週刊東洋経済をもじって週刊鉄道経済ってタイトルにしたんですよ。だからきっと嫌われてると思った(笑)

■ITmedia ねとらぼ交通課

「シャンシャン特需」に沸く鉄道会社、でも「最強のパンダ使い」はJR西日本
ねとらぼに乗りものコーナー「交通課」がオープン。その初日向けに寄稿しました。警視庁交通課と神奈川県警交通課とは相性悪いんですけど、ねとらぼ交通課さんとは仲良くしたいです。原稿を書くスピードが遅いとキップ切られそうですけどw

■ITmedia ビジネスオンライン

映画に演劇も 2018年期待の鉄道エンターテインメント
シアターキューブリックさんの鉄道演劇が久しぶりにあるそうで、大御所鉄道映画と並べて紹介しました。今年はここに書いた作品を全部拝見します。楽しみです。

■マイナビニュース

鉄道トリビア(439) 鉄道業界の一部に深刻な「平成30年問題」が起きていた
深刻だったんだぜー。解決できる方法があって良かった。関東交通印刷様に取材しました。ありがとうございました。

鉄道ニュース週報(103) 流麗なスラントノーズ、国鉄キハ183系保存プロジェクトが発足
JR北海道が自力で保存活動できないので、北海道の鉄道史の保存は民間頼みです。応援します。

■のらり 新汽車旅日記
新年一発目、お休みしちゃいました。ごめんなさいごめんなさい。

仕事、溢れてるなー。しかし儲からんなあ(笑)。

週刊エコノミスト 2018 1/23 号

最後のページ「ローカル・トレインが行く」第7回 ひたちなか海浜鉄道 を書きました。

文藝春秋 2018年2月号

月刊文藝春秋 2月号に寄稿しました。
カラーページ『乗り鉄うまい旅』 今回はJR四国『伊予灘ものがたり』です。

2017年第52週(12/25-12/31)、2018年第1週(01/01-07)に公開された仕事リストです

旧年中はお世話になりました。
今年もご指導ご鞭撻のほど、よろしくお願い申し上げます。

この言葉、年賀状よりSNSのほうがふさわしい気がします。毎日毎日、言葉のキャッチボールありがとうです。自営業って昔はもっと孤独な仕事だったと思うんですよね。いまは寂しくない! 飲み会の段取りもスグできるし! (笑)

年末年始はマイナビニュースがカレンダー通りの更新で、ほかは休み。というわけで、2週分をまとめてご報告です。連載が休みでも休めない。滞っていた他の仕事を進めます……が、マンション管理会社のせいで事後処理に2日取られたorz。年末は書籍と年明け向けの原稿を書きまくってました。某Web向けに1本目の原稿を2カ月遅れで収めて、11日に公開予定です。これで鉄道を扱う主要メディアを制覇かな。

■ITmedia ビジネスオンライン

2018年、鉄道の営業力が試される
いままで大手私鉄は自社沿線の人々を見ていれば良かった。しかしこれからは地域間競争です。少子化はまんべんなく起きるわけじゃない。ライオンに追いつかれないために、走り続けなくちゃね。長いレースです。

■マイナビニュース

鉄道ニュース週報(102) 三陸鉄道「リアス線」に1本化 – 鉄道趣味的に気になるところは?
直通の観光列車。作ってくれないかなあ。でも海の幸がテーマになるだろうから乗れないかな。

鉄道トリビア(437) 「発売当日限り有効」のきっぷ、日付が変わってもそのまま使える
大晦日の終夜運転、当日限り有効のきっぷで、日付をまたいでいいんだよ。継続乗車のお話です。

鉄道トリビア(438) 東武鉄道の新型特急「リバティ」に乗車券だけで乗れる区間がある
東武~野岩~会津鉄道が狙い目。長距離でも楽ちん。

■乗りものニュース
「住むなら東武沿線」と思わせる10の理由 都心直通と複々線が支える快適生活
沿線シリーズ東武編。本当に豊かな暮らしは東武鉄道沿線にあると思う。ブランド戦略が下手なせいだけど、それでいいんじゃないかな。背伸びすると失敗しちゃうよー。

■のらり 新汽車旅日記
年末年始の休載期間でした。

 

2018年12月19日から2019年1月4日までの郵便物について

掲題の期間、事務所があるマンションの管理会社の過失(郵便法第78条違反)により、郵便物がすべて宛名不明で返却されてしまいました。
現在は届きます。大変恐れ入ります。ご再送をお願いします。送料につきまして切手にてご返却いたします。

2018年1月5日 杉山淳一

謹賀新年

旧年中はたいへんお世話になりました。

本年もよろしくお願い申し上げます。

サイトをWordpressでリニューアルいたしました。